必ず借りれる埼玉街金【主婦にも優しい】高融資率!

キャッシングやカードローンの審査、ブラックでは厳しいものがあります。大手ではない融資会社の業者のフリーローンならブラックOKなところも中にはあります。埼玉街金なら全国どこでも融資可なネットキャッシングです。

saitamamachikin360x120.jpg

銀行カードローンは審査が厳しい、だから街金

2017年06月13日 11時20分

銀行カードローンならではのサービスとして専業主婦でも利用ができます。
  • イオン銀行カードローン
  • 楽天銀行スーパーローン
  • 三井住友銀行カードローン
  • 南部銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
など、メガバンク、地方銀行、ネット銀行も収入がないけれど、婚姻関係がある家庭の主婦向けのキャッシングサービスも行っています。
しかし、消費者金融には絶対にないです。

総量規制の関係

消費者金融は貸金業法によって、収入がない無職や専業主婦に対して、キャッシング行為を行ってはならないことになっています。
ですから、銀行では簡単に作れるキャッシングのカードローンも、プロミスやレイクなどの大手消費者金融では対応していません。
それは、貸金業法の総量規制の規定があるからです。
消費者金融では限度額は法律で決められています。
しかし、銀行ではもともとが貸金業者でないため、銀行法によってキャッシングを行います。
そこで、総量規制対象外の商品提供ができ、専業主婦向けのカードローンは、フリーローンですが目的別ローンとして提供ができます。
限度額として50万円以下のところがほとんどですが、専業主婦が自分の名前でカードローンが持つことができるのは銀行だけです。

審査は厳しい銀行

銀行カードローンは、審査が厳しいのと限度額が少ないのが特徴です。
専業主婦だから少額と言うのは返済能力がないからの判断ですが、審査に通らなければ話にならない。
そこで、大手消費者金融ではなく街金などの中小消費者金融です。
消費者金融は無職は借りれない規制があります。
しかし、専業主婦が生活ができているということは、旦那の収入で支えられている部分に着目したのが配偶者貸付です。
夫の同意があれば、夫の年収で総量規制の範囲内のキャッシングができます。
これが、配偶者貸付です。
大手の銀行カードローンにはないのですが、一部の銀行では、相談によっては配偶者貸付を行っています。
街金と比較すると審査は厳しいです。
信販会社や信販系クレジットカード会社等のキャッシング枠も配偶者買い付けを行っているようです。

ブラック専業主婦もOK?

街金の独自審査では、一応ブラック対応のキャッシングができる、ブラックリストの審査通過率が高いと評判です。
キャッシング審査では、債務整理対応、自己破産対応など申し込み条件が甘いことは口コミでも知られています。
パートやアルバイトをしていても、年収が極端に低い場合は、仕事をしている主婦ではなく、配偶者貸付の借り入れで融資可決することになります。
当然のことですが、このとき、配偶者が安定した収入であることが申し込み条件の大原則です。
一応ブラックリストでも借りられるとありますが、街金関連記事一覧や街金口コミサイト、ランキングサイトの評判関連ページを確認してください。
違法業者も多いですが、関連ページで良く見かけるのは、最終審査は来店でと言うものです。
独自審査基準ですが、融資プランの説明などは対面審査を行う場合もあります。
全国対応と喜んでいると、来店となると、遠方の方はキャッシングが難しくなってしまう方も多いので、事前確認は絶対です。
saitamamachikin360x120.jpg